ふるさと納税を利用した支援方法を愛知県と神戸市が発表しました。そのほか、いくつかの情報追加・アップデートがあります。

支援を受けたい

国・政府系機関(アート・エンタメに特化)

  • コンテンツグローバル需要創出促進補助金
    • 新型コロナウイルス感染拡大によりプロモーションの機会が失われたコンテンツ関連事業者が対象。
    • 国内で今後公演を実施しその収録映像を活用して制作した動画を海外に発信する事業の費用の一部を補助。
    • 補助率は1/2で、1件につき5,000万円まで補助。
    • 無観客の公演をオンライン・リアルタイム配信も可。
    • 5月下旬申請受付開始予定。

地方公共団体・地域財団

茨城

愛知

  • 愛知県 文化芸術活動応援金
    • 国の持続化給付金が支給される県内の文化芸術関係の法人、個人が対象。
    • 交付額は定額で、法人20万円、個人10万円。
    • 申請開始時期は未定。(5月14日現在)

兵庫

支援をしたい

地方公共団体・地域基金など

  • 愛知県 ふるさとあいち応援寄附金
    • 新型コロナウイルスの影響により、活動の場が減少したアーティストや文化芸術団体等の活動を支援。
    • ふるさと納税を通じた寄附と県財源措置を合わせて、文化芸術活動応援金として交付。
    • 2020年5月15日より開始。
  • 神戸市 ふるさと神戸ダブル応援基金
    • 新型コロナウイルスの影響を受けた神戸市在住または市ゆかりの文化芸術の事業者らを支援。
    • ふるさと納税の仕組みを利用して寄付を募り、集まった寄付と同額を市が拠出。
    • 「②生きがいをくれる文化芸術・エンタメを応援」を使い道メニューから選んで支援。